E-OASISプロジェクトとは?


道の駅いとまん
道の駅いとまん

 昨今、資源制約や環境問題への関心の高まりを背景に、電気自動車(EV)が注目を集めています。

 EVはガソリン車と比較して、CO2や排気ガスを出さないため、地球環境にやさしく、ランニングコストも安く経済的です。

 

 EVをどこでも安心して使える社会を実現するため、経済産業省は平成27年度より、全国の道の駅をはじめとする交通拠点を対象として充電インフラ補助事業を開始しました。

 

 この補助事業により道の駅への充電インフラ整備の可能性が高まりましたが、①自治体が限られた期間で予算措置を講じることの難しさ、②運用に係る費用負担の問題などから補助申請が進まないことが懸念されました。

 

 こうした問題を解決すべく、弊社が中心となり、充電器メーカーやネットワークベンダー、電気工事の事業者など、充電インフラに関連するいずれも国内有数の大手企業がアライアンスを組み、立ち上げたのが、

E-OASIS(イーオアシス)プロジェクトです。

 

 E-OASISプロジェクトでは、日本充電インフラが充電器の設置者となることで、補助金申請から設置、運用にいたる自治体様の様々な負担を大幅に軽減することが可能になります。

 

 これまでE-OASISプロジェクトは北海道から沖縄まで多くの自治体様のご支持をいただき、その充電インフラは令和元年度末現在、228カ所の道の駅と14カ所の公共施設に展開しています。

 

E-OASISプロジェクト実績に関してはこちらから⇒E-OASIS設置 道の駅・公共施設の御紹介