COOL CHOICEとは?


沖縄県八重瀬町での試乗会にて
沖縄県八重瀬町での試乗会にて

 COOL CHOlCE」(クールチョイス)とは、2030年度の温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減するという目標達成のために、日本が世界に誇る省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す、環境省が推奨している国民運動です。

 

 例えば、エコカーを買う、エコ住宅を建てる、エコ家電にするという「選択」。

 高効率な照明に替える、公共交通機関を利用するという「選択」。

 クールビズをはじめ、低炭素なアクションを実践するというライフスタイルの「選択」等のことを指します。

 

 環境省は、このCOOL CHOICE普及啓発活動推進のため、地方と連携した地球温暖化対策活動推進事業を、2つの補助事業に分けて、実施しています。一つは地域コミュニティ(FM局等)を対象とする補助事業、もう一つが基礎自治体(一部民間企業)を対象とする補助事業です。

 

 

 なお、中核市以上の市は3/4の補助率、それ以外の市町村は、補助率が定額(100%国の補助金)となっています。

 

 そのため、中核市、政令市でなければ、実質的に自治体様の御負担無しで、事業を実施できます。

 

事業内容についてはこちらから⇒COOL CHOICE普及啓発・業務委託事業内容の御紹介

COOL CHOICEサイトはこちらから(外部リンク)⇒地球温暖化対策のために、今できる「賢い選択」。